カフェとメニューブック

カフェを開業するにあたって、多くのカフェオーナー達が、メニューブックなどに、たくさんのお料理や、ドリンク類を掲載しようとする試みは、カフェの失敗を招く失敗例として多く語られているようです。

飲食店の経営者を試みる方々が、陥りやすい点が、スタートの時点から様々なを要望をカフェや喫茶店で実行してしまうことに、失敗の注意点があるようです。

何よりもまずはメニューに関しても、お店の規模に関しても、小規模な形でスタートし、従業員やお客様の声を取り入れる形で、人気メニューを増やしたり、お店の規模を拡大させていくと言ったような試みが何よりも成功への近道となると、ある開業コンサルタントは語っています。

      

飲食店の成功例、失敗例

カフェの開業などの失敗例として、多く見られているのが、オープン当初から様々なお客様のご要望に応えようという形で、多くのお料理をメニューブックなどに掲載することで、たくさんの食品ロスなどといった形で、お店の経営を圧迫させてしまうのだそうです。

お店の経営の中では、食品ロスや、人員の削減などといった部分で、経営の明暗を分けるポイントとなってくるようですので 、飲食店を開業してから1年間は、ある程度オーナーとしては押さえた形での経営を行っていくことが大切であるようです。

また人員などに関しては、オープンしてから1年間は様子を見る形で、多少は大目に人員を確保し、ある程度形が、落ち着いてきてから人員の削減を行っていくと言ったようなスタイルが望ましいようです。

お店の来客人数などの集計などを1日の時間ごとに、統計を取り、また、そのオーダー数などと照らし合わせて、必要な人員を計算していくと言ったような形が良いのではないでしょうか。

          

ホテルとファミレスのメニューブックの違い

ホテルのラウンジなどで置かれているメニューブックと、街中のファミリーレストランなどに置かれているメニューブックには、大きな違いが見られます。

ホテルなどの高級レストランなどで見かけるメニューブックには、ほとんどの場合が写真やイラストなどは見られません。

逆にファミリーレストランや、大手飲食チェーン店などでは、メニューブックには、多くの写真などの掲載が見られ、様々なフードやデザートドリンクなど、全てにおいて注文前に、それぞれの商品の確認を目視して確認することができます。

海外などでは、多くの場合が、日本にあるような写真付きのメニューブックではないため、言葉や文字だけで想像しながら、注文するお料理に対して実際に、オーダーする勇気が必要なときもあります。

       

写真が無いメニューのメリット

ホテルのラウンジや、高級レストランなどで、写真付きのメニューブックが多く見られないのは、ウェイトレスやウェイターなどのサービスの質が良いからであるとも言われています。

メニューブックなどに書かれていることで、分からないことがあるのであれば、その場にいるウェイトレスやウェイターに尋ねることで、そのお料理の詳細を確認することができるといったような、サービスの品質の表れからそのようなメニューブックのスタイルになっているなどとも言われています。

また、海外などでは、写真付きのメニューブックなどですと、すぐにそのお料理をイメージすることができてしまいますが、文字だけですと、そのお料理を注文前にイメージすることが楽しみの一つであるなどとも考えられているようです。他にもお料理の提供があるまでの時間をゆったりと楽しむことが、定番であるようです。